ウィルス性のいぼを治療しよう|原因と改善方法を紹介

正しい方法で除去する

医師

種類に合った方法で除去

いぼには様々な種類や大きさがありますが、皮膚にできた比較的固い突起状のものをまとめていぼと呼んでいます。多くの場合は治療を行わなくても治癒する良性のものですが感染する恐れがあるとされているので、適切な方法で治療をする必要があります。また悪性のものである場合もあるので出来てしまった場合には早めに医療機関で受診をして、適切な方法で治療をする事が大切です。いぼができる原因には様々あり皮膚にできた小さい傷口からヒトパピローウィルスが侵入して感染する場合や、加齢が原因によるものなどがあります。いぼの感染を予防するワクチンは開発されていないので、予防する為には原因となる菌の侵入経路となる傷を作らないように注意する事が大切です。大きくて黒いものであったり小さいものがいくつもあったりと、種類や人によって症状が異なるので適切な治療方法を知る事が必用です。美容整形で行う治療にはレーザーを使用して取り除く方法や、切除して縫合する方法などがあるのでカウンセリングを受ける事が大切です。美容整形によるいぼ除去の方法として電気メスでの切除方法もあり、この場合には苦痛もなく焼灼する事が可能です。施術を受けた後はカスがチリチリと付着していますが、1週間ほどで脱落して傷跡も残る事無く綺麗な肌の状態の戻す事ができます。美容整形でのいぼ除去の方法としてダクトテープを使用して行う方法があり、ダクトテープを1日1回いぼの上に貼って固定します。それと同時に漢方薬であるヨクイニンを飲んで免疫反応を高めていぼを取り除く方法があり、漢方を使用しているので副作用が無く除去する事ができます。液体窒素によって除去する方法の場合には、ウィルスに侵されている患部を急激に凍らせて低温やけどの状態にする事で皮膚の浅い部分を破壊して除去します。炭酸ガスレーザーによって行う除去のメリットは、表面から薄くそいでいく事が可能なので削る深さや広さを自由自在に調整する事が可能です。液体窒素や炭酸ガスレーザーによる治療はそのまま行う事で痛みを感じてしまう可能性があるので、治療する部分に麻酔をしてから治療を行います。それぞれの治療法によって必要となる費用が異なるので、クリニックでカウンセリングを受ける際にどれくらいに費用が必用なのかを確認する事も大切です。いぼがある部位によって適切な除去の方法が異なるので、ホームページや口コミを参考にしてクリニック選びをして無料カウンセリング等を受ける事も大切です。

Back to Top