ウィルス性のいぼを治療しよう|原因と改善方法を紹介

完治することは可能

カウンセリング

まずは病院で相談

ふと瞬間に「あれ、こんなところにいぼがあったのか」と、いきなり出没するいぼ。本当に、いきなり登場してくるため、驚いてしまう人は多いです。そもそも、このいぼというものは、どうやって出来てしまうのか、いぼとは何なのかについて、まず触れていきます。いぼは、大きく2つに分けることができます。1つが、ウィルスによってできてしまうものと、このウィルスとは全く関係なくできてしまうものの2つです。前者は、ヒトパピローマウィルスと呼ばれるウィルスが原因でできてしまうと言われています。身体の何処かにちょっとした傷があれば、発症してしまう危険性を常に抱えています。ウィルス性のため、当然と言えば当然です。対して、後者のウィルスではないものは、遺伝だったり、単純に服などが擦れてしまってできたりと、理由は様々です。つまり、いぼと一言で言っても、多くの要因があるということです。誰にでも発生しうるものというわけですが、上記で記載した遺伝という部分を、もう少し掘り下げてお話をします。いぼに悩む人に、両親はいぼがあったかという質問をすると、実に95%ほどの人が、イエスと答えています。これだけの数字となると、嫌でも遺伝が大きく影響していると言わざるを得ません。したがって、親を始め親しき人に同様の悩みを抱えていた人がいた場合は、予防などをしておくとよいです。では、どうやって治療をするのかという部分も気になるところ。ウィルス性のものであれば、そのウィルスに対抗できる薬などを処方してもらえば一網打尽で解消することができます。では、ウィルス性ではない場合はどうしたらよいのか。これも基本的には薬を処方してもらい、対処していくことになります。実はウィルス性ではなくとも、いぼになってしまう仕組みを解明されています。したがって、習性を確かめて、適切な薬を治療として利用していけば、何ら問題なく完治するということです。また、薬ではなく、外的な要因で治療をする場合もあります。具体的にはレーザー照射だったり、液体窒素だったりです。これを耳にしてしまうと、つい怖いと感じてしまいますが、れっきとした治療であり、現代の医療技術をもってすれば、安全に除去することができます。となると、気になるのは、簡単に除去することができるのかという点。結論を言ってしまえば、ケースバイケースというのが正直なところです。レーザー照射であっても、ポロッと治療ができる場合もあれば、何回か照射しないといけないときも。ともあれ、病院に足を運んで相談をすると良いことは言うまでもありません。

Back to Top