ウィルス性のいぼを治療しよう|原因と改善方法を紹介

ウィルス性のいぼを治療しよう|原因と改善方法を紹介

医師

正しい方法で除去する

いぼには様々な種類があり大きさや部位によって最適な治療方法が異なるので、自分に合った治療方法で除去する事が大切です。自分に合った治療方法で除去する事が可能であるかを無料カウンセリング等を利用して、最適なクリニック選びをする必要があります。

Read More

医者

完治までにかかる費用

いぼの治療には保険診療と自由診療とがあり、保険診療では液体窒素による凍結療法、自由診療ではレーザーによる治療が基本です。相場は保険適用で1個1,000円程度、自由診療で5,000〜50,000円程度の開きがあります。

Read More

カウンセリング

完治することは可能

いぼは、ウィルス性と、そうでないものに大きく分けることができる。いずれも、しっかりと治療法があるため、いぼに悩む人は、まずは病院に足を運んで相談をするとよいです。レーザー照射の治療法などで意外と早く完治することもあります。

Read More

顔を触る人

隠れた危険性のある症状

いぼ治療を受診する際には事前に健康状態を把握しなければならない他、患部の状態によっては使用できない方法もあるので専門家の判断が必要です。またアフターケアとして軟膏の塗布や消毒を行う必要があるので、専門家の判断を仰いでください。

Read More

手や足に発生する皮膚病

女の人

原因と正しい改善方法

今に始まったことではありませんが、いぼは昔から多いとされている皮膚病で、突発性があるので急にできてしまうことがあります。発症する箇所は人それぞれで、手や足などにできる方もいますが、最も多いのが顔や首と言われています。ウィルス性と良性の二種類いぼが存在しており、それぞれ特徴が違ったり、発症しやすい箇所が違うので覚えておいた方が良いでしょう。ウィルス性は、固いシコリのような性質をしており、ヒトパピローマウィルスが原因で発症すると言われています。ヒトパピローマウィルスは、皮膚上にできた傷や爪の周囲にあるささくれなどから侵入し、固くなって増殖していくので気を付けなければいけません。ウィルス性のいぼは、手足の指や足の裏など、角質の暑い部分にできやすい傾向があり、顔や脇の下などはでき難いようです。良性のいぼは、良性腫瘍に属性しており、軟性線維腫や脂漏性角化症、アクロコルドンなど、呼び名が数種類あります。原因として考えられているのが遺伝で、9割近くの方が遺伝によって発症しており、主に首や脇の下などにできやすいようです。いぼが発症するメカニズムがある程度解明されているため、未然に防いでいくことも可能ですが、私生活で気を付けなければいけないこともあります。首や脇の下など、衣類と皮膚が擦れやすい状態で生活をしていると、発症を加速させてしまう可能性が高くなるので注意しましょう。紫外線などの強い刺激を受け続けるのも良くないと言われており、職業柄外で活動することが多い方は気を付けなければいけません。又、貴金属と汗が融合することで、いぼの増殖を促進させることもあるので、汗を掻きやすい夏場は注意が必要です。いぼの治療ですが、皮膚科や形成外科などの専門の科がある病院で診察を受け、除去してもらうのが一般的のようです。治療方法として有名なのが液体窒素の利用で、主にウィルス性のいぼの除去の治療で使われています。液体窒素であっても治療の際に痛みを感じますが、最もスムーズに行える方法なので、ほとんどの病院がこの手法です。最近は、自宅でケアできる製品も多く販売されており、軽い症状であれば自身で治療を行うことも可能です。いぼ治療の病院選びに大きな基準はありませんが、痕を残さず綺麗に治療されたいと希望される方は、美容外科や美容クリニックに行った方が良いでしょう。又、病院に通って治療を行っている期間は、強し紫外線に気を付け、治療箇所を弄らないようにして下さい。

Back to Top